frame-left
frame-right

店主コラム

令和二年8月13日

敬愛するゴッドファーザー
C.W.ニコルさんを偲んで

私の最も尊敬するゴッドファーザー C.W.ニコルさんが2020年4月3日、病のため永眠されました。
享年79歳でした。
ニコルさんには大変お世話になり、弊店のHPにもメッセージを頂いていますが、私にとっては父親のような存在でした。

▶︎「いい気分」C.W.ニコル氏

2001年に初めてお会いした時は、まるで神様みたいな人だと思いました。

 荒れ果てた山を自腹で購入し、自力で素晴らしい森に育て上げた人。
 鬼太郎とか、もののけ姫なんかの漫画だと、環境を破壊する人間を懲らしめて、豊かな自然を再生するのは人ではなく、妖怪や物の怪の類と相場が決まっています。

それは、マンガの話だからというだけではありません。
人がそれをやろうとしたら、何故かいろんな敵が現れて、面倒に巻き込まれてしまうのです。
ニコルさんからは、恐ろしいエピソードをたくさん聴かせてもらいました。
自然を守ることは残念な人間との戦いであり、普通の人だったら、その抵抗圧力に押し潰されてしまいます。

数々の難敵を跳ね除け、虹の橋を渡るその日まで、何ひとつブレることなく突き進んでこられたゴッドファーザーは最高にカッコイイ!
荒地だった黒姫の山は、アファンの森として生まれ変わり、これからも成長を続けます。 そしてこの活動は、日本中に広まって行くことでしょう。

 それを成し遂げたニコルさんは、やっぱり神様ですね!

 今は寂しいけれど、心からの感謝の気持ちと共に、謹んでお見送りさせて頂きたいと思います。
これからも、私たちバカな息子どもをお導き下さいますよう、宜しくお願い申し上げます。

 ゴッドファーザーにひとつ、ご報告があります。
2018年の台風21号で甚大な被害を受けた貴船の山に、新たに植える木は広葉樹と針葉樹の混合にすると、森林管理局が言っています。
2001年に貴船倶楽部で開催した「川と森」の講演会で、ニコルさんが説かれた内容が実践されようとしています。
おかげさまです。
本当にありがとうございます。

2020年8月12日
京都 貴船 右源太 鳥居 宏行



日本を愛し、貴船を愛したC.Wニコル氏
当時の収録ビデオを追悼として公開させていただきます。


【C.Wニコル氏と右源太 出会いと活動】
2001年 3月、京都での仕事を終えられたC.W.ニコル氏を初めて貴船右源太にお迎えした。
ニコル氏は京都市内から40分の距離の貴船に、こんなに豊かな自然があることを喜ばれ、 以後、貴船右源太をたびたび訪問された。

「ここに至る細い道は決して広くしないほうがいい!!
交通の便が良くなると、この素晴らしい環境は守れなくなる。」
「貴船駅から貴船神社まで遊歩道を作るといいね!」

貴重なご意見をたくさん伺うことができた。

「貴船川のコンクリートはやめたほうがいいい。
福留脩文さんに相談すればいい川になると思うよ!」
ニコル氏の紹介を受け、福留脩文さんによる講演会を貴船で開催した。

ニコル氏は右源太 鳥居宏行氏をはじめとする料理仲間と共に、駆除された害獣の廃棄部位を利用していただく「もったいな倶楽部の活動」も行った。
蝦夷鹿の放棄する部位を使った特製の手料理を披露された。

世界水フォーラムを翌年に控えた2001年6月6日には、 右源太 貴船倶楽部で「C.W.ニコル氏講演会 川と森」を開催。
私たちに自然の大切さや重要性を語りかけてくださいました。

写真1

講演会写真:ニコル氏

【講演会ビデオ「C.W.ニコル氏講演会 川と森」】

「川と森」前編


「川と森」後編

写真1

講演会写真:鳥居宏行夫妻



翌年、2002年4月29日 「第3回世界水フォーラム」が開催される。
そのプレイベントとして開催された「貴船プレ・水フォーラム」では、「水を守る」という題で講演。

写真1

水フォーラムパンフレット表紙


写真1

水フォーラムパンフレット中面



----------------------------------

『C.W. ニコル メモリアル 自然再生基金』
C.W. Nicol Memorial Fund for Nature Restoration

https://afan.or.jp/cwnicol-memorial-fund/





過去のコラム